忍者ブログ

ホテルエリアワン釧路

釧路が舞台! Vol.2

皆さんこんにちはemoji
コウですemoji
釧路もようやく桜が開花し始め
少しずつ暖かくなってきていますemoji

春は恋の季節(…照れてなんていませんよemoji)という事で
前回に引き続き、釧路を舞台にした恋愛映画を
ご紹介いたしますemoji

2012年に公開
「僕等がいた」

高校に入学したばかりの高橋七美(吉高由里子)はクラスの3分の2の
女子が好きになったという人気者の男子、矢野元晴(生田斗真)と
出会いますがあまり印象のよい出会いではありませんでした
クラスメイトとして過ごすうち、少しずつ矢野に惹かれていく
七美でしたが、矢野は恋人との死別という暗い過去を引きずっていました
地元釧路出身の漫画家、小畑友紀原作の同名漫画待望の実写映画ですemoji
前後篇2部作で公開されましたが、前篇はほぼ釧路がロケ地emoji
当ホテル周辺もちょっと歩くだけで、何カ所も撮影場所を
見つけることができますemoji
映画には登場しませんが、原作で主人公二人が買う
阿寒湖のお土産「まりもストラップ」は、公開当時
恋愛のお守りとしてひそかにブームになりましたemoji
続きまして昨年2015年公開
「起終点駅 ターミナル」
かつて愛した女性を死に追いやった過去を持つ完治(佐藤浩市)は
それから25年間誰とも関わらず静かに暮らしていました
完治はある時、椎名敦子(本田翼)という女性の弁護をすることに
敦子は完治にある人を探して欲しいと頼んできます
原作では二人の淡い恋心が描かれていますが、映画では
どちらかというと疑似親子に近い関係…emoji
なので、恋愛映画とは言い切れないこの作品ですが
釧路出身の直木賞作家・桜木紫乃が紡ぐ
濃密なヒューマンドラマを余すことなく
描いた素晴らしい作品となっていますemoji
この映画、とにかく釧路の風景が美しいemoji
釧路の名物もおいしそうemoji
特にザンギ(北海道風の唐揚げ)を
食べるシーンは本当に印象的ですemoji


というわけで前回と今回で4作品をご紹介させて頂きましたが
いかがだったでしょうかemoji
最後は多少強引に恋愛映画としてまとめてしまいましたが
映画の風景を探して釧路の街を歩いてみるのも
楽しいかもしれませんよemoji
ではまたemoji
PR

コメント

〒085-0014 北海道釧路市末広町11-1-2 TEL:0154-31-0946 FAX:0154-31-1946